dマガジン価格ドットネット48

  1. >
  2. 電子書籍と現物の書籍の違い

電子書籍と現物の書籍の違い

電子書籍については以前からあることは知っていたが、実際に使用したことはありません。

少し前にAmazonが勝手にいくつかの電子書籍を公開できない?ようにしたというニュースがありましたが、それを見て、それが実際に書籍を持つところの違いかなと思います。

私は漫画をいくつか持っていますが、やはり現物を持っているのと持っていないのとでは所有感というか、そういうところで満足します。

電子書籍でももう少し値段が安ければ、購入すると思います。

電子書籍の怖さ

電子書籍はとても便利なものだと思います。

持ち運びはスマホ一つで簡単だし、沢山の書籍を持ち歩く事が出来るというのが電子書籍のメリットだと思います。

ですが私は電子書籍より本の方が安心して使えます。

電子書籍はデータとして手元にありますが、そのデータが突然消える事があるかもしれないし、不具合が全くない可能性がないのでやはり本の方がずっと手元に残ると思います。

そして電子書籍を買う時にお金のやり取りがインターネット上で行われるというのがとても怖いです。

電子書籍を販売しているサイトも全て安全なサイトとは限らないので注意が必要なところも怖いと思います。

めくる派?それともスワイプ派?

電子書籍で購入したのは、小説などではなく漫画です。

どうしても読みたいものがある時は買いに行くのもめんどくさいため、電子書籍を購入します。

試し読みができたり、新作もすぐ入ってくるし、持ち運びにとても便利です。

何度も繰り返し読む人にはいいものです。

ただ、漫画は紙媒体のもので、めくる派の人には絶対受けないです。

また、一回読んだらもういらない!という方にも受け入れられないです。

どちらかといえば私もめくる派で、一度読んだら売ってしまいます。

それだと電子書籍は売ることもできないのでそこがネックになります。

紙媒体のものより少しでも安くなればもう少し広がりそうです。

アナログ人間でも大丈夫!

これまでは、電子書籍に対してあまりいいイメージを持っていませんでした。もともとアナログが好きな性格で、本やニュースは絶対に紙媒体!と思っていました。インターネットでニュースを読んでいてもあまり頭に入らず、電子書籍なんてもってのほかでした。こんな私ですが、今は電子書籍大好きになってしまいました。きっかけはガラケーからスマホに変えたことです。せっかくスマホにしたんだから思い切り活用しなければと思い、あまり期待はしていなかったんですが電子書籍を試してみました。結果、大満足!スマホの画面だと内容が頭に入らないと思っていましたが、意外と慣れるもので、すんなり受け入れることができました。何より本を持ち歩かなくてもいいのが便利です。通勤時間が長いので本を読みたいのですが、荷物も増えるし重たいのであまり読書はしていませんでしたが、電子書籍ならスマホさえあればいいのでとても便利です。気軽に読めることもあり、収納にも困らないので今ではかなり電子書籍を活用しています。